にわかが専門家を気取るブログ

twitterやってます→ @allgreen0525

脳のブログ

f:id:hayao1209hayao:20190904193022p:image

どうもみなさんこんにちは!脳です。

ついに8月が終わり9月に突入してしまいましたね〜。ってことは2019年も残り4ヶ月!?早いな〜!?

 

あっという間に2020年が来ちゃいますね。2020年かぁ…

オリンピック開催地が東京に決定!とか言ってたのまだ最近だった気するのになぁ…もう来年なのか…早すぎ。

なんか東京オリンピックも色々と炎上しまくりながらも結局は開催まで来たわけじゃないですか。(正確に言うとまだですけど)

ぼくはここまで来たら大成功で終わって欲しいなぁ、と思いますよ。まあ正直な話するとあんまり興味無いから適当にこんなこと言えるのかもしれないけど。

チケットとかも全然応募しなかったしね…オリンピックどうこうっていうかそもそもスポーツにあんまり興味ないんですよ。オリンピックだってテレビで見るかすら分からん。マジ興味無い。

とはいえ、どうせやるなら成功した方が良いじゃん?まあだから頑張ってくださいっていう話でした。

 

まあそりゃ自分が出場するとかだったら興味もあるけどさぁ…関係ないからなぁ…

まあ出場するって言っても肉体無いんですけどね。

脳だから!どっ!

 

 

 

………

 

…肉体かぁ…

 

 

 

アイツさえいなければなぁ…

 

 

アイツさえ…いなければ…

 

 

 

アイツさえ…

 

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190904193022p:image

 

f:id:hayao1209hayao:20190904194041j:image

 

f:id:hayao1209hayao:20190904194049j:image

 

f:id:hayao1209hayao:20190904194100j:image

 

f:id:hayao1209hayao:20190904194112j:image

 

f:id:hayao1209hayao:20190904194122j:image

 

f:id:hayao1209hayao:20190904194122j:image

 

 

(き…くん…)

 

 

(起き…の…太くん…)

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190904195223p:image

 

(起きて…のび太くん…!)

 

う、う〜ん…

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190904195223p:image

 

f:id:hayao1209hayao:20190904195323j:image

 

f:id:hayao1209hayao:20190904195335j:image

 

…こ、ここは…

 

f:id:hayao1209hayao:20190904195335j:image

 

f:id:hayao1209hayao:20190904195403j:image

 

ぼくの…部屋…?

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190904195429p:image

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190904200011j:image

「んも〜!のび太くん!やっと起きた!うなされてたから心配してたんだよ?」

 

…ド、ドラえもん…そうだったのか。ありがとう…

ってことはアレは…夢か。

 

f:id:hayao1209hayao:20190904200011j:image

「何?どんな夢見てたの?」

 

…いや、なんでもないよ!それより今日はしずかちゃんと遊ぶ約束してるんだった!急がなきゃ!

 

f:id:hayao1209hayao:20190904200011j:image

「あっ!ちょっ!のび太く〜ん!…行っちゃった…まったく、のび太くんはいつもこうなんだから…

 

それにしても…夢…か…」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190904201236j:image

「いつか現実になるんだよ…のび太くん」

 

 

 

 

 

 

THE END

架空のクレしん映画のタイトル集+α

どうも、駿(はやお)です。

突然ですがぼくはクレヨンしんちゃんが大好きです。特に毎年公開されている劇場版。子どもだけでなく大人からの評価が高い作品もたくさんありますよね。

今年の映画なんかは本当に傑作で、ぼくなんかは何回も映画館に観に行ってしまいました。

 

さて、そこで今回はそんな大好きな『映画クレヨンしんちゃん架空のサブタイトルを何個か考えてみました。(内容についての説明付き!嬉しいね!)

では早速どうぞ。

※最後にちょっとしたおまけもあります。

 

 

 

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190813155330j:image

中学1年生後半、他の防衛隊のみんなとの才能の差にコンプレックスを感じ闇落ちして体を半分を機械に改造してしまったマサオ。

最終的にしんちゃんたちの説得により改心するも時すでに遅しで力を制御できなくなってしまい、笑いながら「しんちゃん…ネネちゃん…風間くん…ボーちゃん…今マでありガトウ、ぼク、、ヲ殺シ、、、テ…」

その後自我を失ったマサオくんはしんちゃんに負けてボロボロになるがその顔には笑みを浮かべていて、防衛隊のみんなに看取られながら息を引き取る。

 

 

 

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190813155512j:image

ある朝目覚めると全世界で流行っている戦争ゲームの中の兵士になっていたカスカベ防衛隊のメンバー。

突如普段は自分たちが操作していたキャラクター側になってしまった5人の園児は生と死の狭間で何を思うのか。

なんとか全員生き残ることが出来たかと思った次の瞬間、茂みに隠れていた敵(これが後に発覚するのだが実はマサオの母)にマサオが撃たれてしまい命を落とすという展開に涙した観客も多い。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190814042323j:image

この映画は見事な叙述トリックによるラスト10分怒涛のどんでん返しの連続と衝撃の結末、鮮やかな伏線回収、メリーバッドエンド形式を採用しているなどの点から、クレしんファンたちからの「オトナ帝国を越えた最高傑作」との呼び声も高い名作。

ちなみにマサオは死ぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190814042653j:image

サブタイトルの意味がイマイチ理解できないまま進行していくストーリーを何気無く観ていくときっと君は最後の最後の見事すぎるサブタイトル回収に驚愕するであろう。

散りばめられた伏線、意味深なマサオのセリフには全てちゃんと意味がある。(ちなみにマサオは死ぬ)

「枯れてしまった花に水をあげましょう。リアルおままごとじゃない。これは終わりの物語。」冒頭に突然出てくるネネちゃんのこのセリフを、この映画を見終わった君は必ずもう一度最初まで聞きに戻る。

 

 

 

 

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190814042729j:image

ネタバレ厳禁。1文字足りともあらすじを紹介できない。それくらい最初から最後まで目が離せない、伏線だらけの衝撃的な内容。

あえて2つだけネタバレするならば、「これはしんちゃんたちの物語である」ということと、「マサオは死ぬ」ということ。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190814042743j:image

クレヨンしんちゃん初、サイバーパンクな世界観で進行していくストーリー。

かなりの鬱要素を含む展開に加え重厚ながら従来のクレヨンしんちゃんらしさ全開のコメディ要素も取り込んだ挑戦作。その特殊な構成から賛否両論を呼んだが否定派からも一定の評価はされている確かな名作。

ボーちゃんが冒頭から終盤まで「Kaミさま」と呼び信仰していた存在が実は世界の核を作り出した人物であり何を隠そうマサオであったことが明かされるラスト10分の展開には度肝を抜かれた観客も多い。(最後マサオは死ぬ)

また、それも単なる急展開のどんでん返しではなく緻密に計算された伏線によるものだったため「絶対2周するべき!」との評判を呼んだ。

 

 

 

 

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190814042754j:image

いつも通りマサオだけが死ぬと思われていたがまさかのネネちゃんが最初に命を落とすという展開に観客全員が固唾を飲んだ。

が、実はネネちゃんは生きており(ネネちゃんが死んでいるはずなのに遺体の髪の毛以外のパーツと殴られウサギが全く見つからなかったのが伏線)最後の最後に再登場して黒幕であるマサオをしんちゃんと協力して殺すという展開は感動を呼んだ。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190814042804j:image

※この物語はもうひとつの世界(通称 並行時空)に確かに存在する、しかし私たちの目では決して確認することが出来ない、最後の決戦を描いた物語である。

↑のキャッチコピーと共に制作決定が発表された今作。

本編にあまり影響が無いパラレルワールドでの物語という触れ込みであったため、「いつも以上にめちゃくちゃしてくれるんじゃないの~?」という観客の期待を裏切ることなく、

 

・マサオが洗脳されて悪の化身、通称『邪悪02』と化す(最後に死ぬ)

・実は過去に死んだと思われていた『邪悪01』は風間だった。(丁寧な伏線回収で明かされるどんでん返し要素)

・ネネちゃんによる「始まりの呪文」により風間こと『邪悪01』の封印に成功する。

・そもそも洗脳の技術を使い『邪悪01』を作り出した黒幕はボーちゃんだった(2重どんでん返し)

しんのすけの命を犠牲に儀式を行い、ボーちゃんを道連れにして完結。

 

という要素を盛り込んできたが、最後の最後にパラレルワールドではなく全て現実だったことが判明(3重どんでん返し)(見事な伏線回収)

まさかまさかの展開に観客は度肝を抜かれた。

この映画が公開されて以降のテレビアニメ本編、及び劇場公開作品はこの物語より前に起こった所謂「過去編」だということになっている。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190814042815j:image

チョコビを食べる。美味しい。

シロの散歩をする。面倒臭い。

母ちゃんが怒る。逃げる。

父ちゃんが帰ってくる。足が臭い。

ひまわりと遊ぶ。疲れる。が楽しい。

防衛隊のみんなと会う。嬉しい。

そうしていく内、あっという間に人生は幕を閉じる。

人生は儚い。

だがしかし、それは終わりか。それとも始まりか?

オラには分からない。

分からないけど、

少なくとも、

 

ーーーまだ死にたくはないな

 

何者かに銃口を向けられたしんちゃんの独白から始まるこの映画はクレしん映画史上最も哲学的内容だと言われており、子どもだけでなくほとんどの大人でも理解出来ないという事態が起こったためかなり賛否両論だったが、考察サイトや掲示板、Twitterでの考察が大変盛り上がり様々な解釈が生まれた結果、公開から少し経ってからは良い評価の方が目立つようになった。

 

 

 

おまけ

架空のクレしん映画タイトル集、以上です。

さて、如何だったでしょうか?

全部めちゃくちゃありそうでしたよね。

そしてここからはオマケです。

実はこの架空のタイトル集、とあるTwitterでの友達とDMで話していた時に変なノリで作り始めたものだったんですがその友達が何故か急に架空の映画ドラえもんのタイトルを考えてきやがったのでついでにそれも載せます。

 

f:id:hayao1209hayao:20190814045451j:image

シリーズの中でも特に問題作として高い知名度を誇る異色作。

のび太ドラえもんに夏休みの間に何か面白い遊びをしてみたいと駄々を捏ねる。そこで取り出したドラえもんひみつ道具、「もしもボックス」。これでのび太は自分の国を作り出し、ドラえもんから貰ったもうひとつのひみつ道具、「なんでも製造機」で国を発展させる。だが、余りにもありえないスピードで発展していく国に恐怖した某国による奇襲により国は崩壊してしまう。目の前に広がる光景にのび太は怒り、決意した。「このままでは僕の楽園は滅ぼされてしまう。それなら、こっちだってやってやる。」暴走するのび太ドラえもんは止めることができず「核よりも強力な兵器」を生み出したのび太は某国を攻撃、これに留まらずありとあらゆる国に攻撃。止めることができなかったと責任感を感じたドラえもんジャイアン達に協力を要請。圧倒的な「のび太の国」に対したった4人で戦ったドラえもん達は辛くも勝利。のび太は涙を流して、安らかに眠る。ドラえもんはタイムマシンに乗り、全てをなかったことにする為に過去に戻る。

 

おい。

ぼくより真面目に考えるな。

 

そんな真面目な彼ですがクレしん映画でも考えてくれました。(頼んでないけど)

 

f:id:hayao1209hayao:20190814050608j:image

タイトルから分かる通り監督はエヴァンゲリオンシリーズ、シン・ゴジラでお馴染みの庵野秀明である。シンはしんのすけのシンから来ている。庵野特有の惨たらしい描写からトラウマを煽る場面が多く、ファンからの評価は決して高いものでは無いが、近年は再評価の流れも出始めている。

 

キャッチコピーは「クレヨンでは何も描けない。」

今作のストーリーは今までのシリーズの様な優しさはないと言う意味の暗示である。


春日部で暮らす五歳児の少年、野原しんのすけは幼稚園からの帰宅途中に今まで見たことのない二足歩行の豚の生物と彼の大好きなヒーロー、アクション仮面が戦っている光景を目撃する。最初は本物のアクション仮面に興奮した彼だったが帰宅すると家は壊滅、母親のみさえ、妹のひまわり、ペットのシロも血の海に溺れていた。後になって帰ってきた父のひろしはその光景を目撃して以降、気が触れてしまい、精神病院に送られてしまう。ただ一人残されたしんのすけだったが彼はアクション仮面が所属する組織「巨豚隊」に招待される。そこで彼は人類の敵、ぶりぶりざえもんを倒す為に加入する。アクション仮面からの修行を受け、逞しく成長したがその直後にアクション仮面はぶりぶりざえもんに惨たらしく殺されてしまう。悲しみに暮れたしんのすけだったが、殺されてしまった家族、そして師であるアクション仮面の敵討ちの為に二代目アクション仮面としてぶりぶりざえもんを倒す事を決意する。

 

おい。

パクるな。

タイトルから分かる通り監督はエヴァンゲリオンシリーズ、シン・ゴジラでお馴染みの庵野秀明である。

じゃねーよ。

作んねーよ。庵野監督がクレしんを。

シンはしんのすけのシンから来ている。

これもなんだ。おい。シン・ゴジラのシンもしんのすけのシンか?あ?

 

ぼくよりも真面目に考えんなって!!!おい!!!

(掲載許可ありがとうございまちゅ)

 

 

 

さらにおまけ

ちなみにぼくがウケ狙いで送ってツルンとスベった架空のタイトルがこちらです。

f:id:hayao1209hayao:20190814051313j:image

 

早朝4時にこんなDM送るな。

 

 

 

 

 

 

<本日のオススメボカロ曲>

失敗作少女(MARETUアレンジ)

f:id:hayao1209hayao:20190814051744p:image

ボカロP:かいりきベア

ボーカル:初音ミク

編曲:MARETU

イラスト:のう

キャラクターデザイン:しおみづ

MARETU - 失敗作少女 / 初音ミク - ニコニコ動画

【公式】 失敗作少女/かいりきベア・MARETU feat.初音ミク - YouTube

もうね…あの…

ぼくかいりきベアさんもMARETUさんも元々大好きで、コラボ動画投稿するって告知されてからずっと楽しみにしてたわけなんですけど…

それがまさかの失敗作少女でね…ぼくは本当に…興奮のあまり…意識が飛びかけてしまいましたよ…(飛んではない)

とにかくマジで良いんで聴いてください!原曲も聴いたことなかったら聴いて!頼む!

 

【ネタバレ注意】新海誠『天気の子』がぼくの心にぶっ刺さったって話

どうも、駿(はやお)です。

 

現在公開中の映画、『天気の子』観てきました。

f:id:hayao1209hayao:20190729210153j:image

これ、正直新海誠監督の前作『君の名は。』が異例の大ヒットを記録してしまったせいでハードルを無意識に上げてる人も多いだろうし、観た人全員が褒めたくるような感じでも無いと、個人的には思うんですよ。(まあ元々観た人全員が褒めたくるような映画なんて無いかもしれないけど)

 

「そんなん言うってことはパヤオッチ(今考えたぼくのあだ名)は微妙だったん?」って思われるかもしれませんが

 

 

 

 

 

 

おっと失礼、良すぎて馬鹿デカ虹色文字を出してしまいました。

そうなんです。めちゃくちゃ良かったんです。この映画。

 

 

 

※注意!ここから普通にネタバレがあるよ!

 

 

 

 

 

ぼくって中途半端に自分勝手なキャラクター嫌いで、そいつが自分のためだけにやったことで周りが被害被る展開みたいなのイライラしちゃうっていうかなんか心底呆れちゃうんですよね。(クソガキキャラとかに多いイメージ)

でも逆に、中途半端じゃない。マジでめちゃくちゃ自分勝手なんだけどそれをそいつも自覚してて、それでもなお、俺はこの行動を選択する!!!何を犠牲にしてでも俺はこっちを選ぶ!!!みたいなのは好きなんです。

好きどころじゃないかもしれない。もうね、バリクソに好き。

 

この映画、それ。

 

まさにそれなのよ。この映画。

それなのよっていうかもうここまで読んでる人は映画観た後だと思って書くけど、最終的にこの物語って

 

「もう一生雨なんか止まなくてもいい!俺は陽菜に生きててほしい〜〜〜!!!もりょりょ〜!!!」

 

みたいな感じになるじゃないですか。(セリフはクッソうろ覚えです。ごめん。多分もりょりょ〜なんて言ってないです。マジごめん。)

 

こういうの痺れちゃうんですよね〜〜〜。だってさ、こんなんクソ自分勝手じゃん。

冷静に考えたらそうでしょ。1人の犠牲で東京に晴れが戻るんですよ?そもそも完全に理不尽に人柱に選ばれてるわけでもないっていうか。だいたい犠牲で晴れが戻るっていうけど変な天気になっちゃったのも陽菜のせいぢゃん。可哀想だけどそれって人柱でも仕方なくな〜い?

 

…っていう状況なのは帆高も分かってるんですよ。それでも陽菜を救いたい、東京に雨が降り続けようがどうでもいいから陽菜にこの世界にいてほしいっていう破茶滅茶大規模自分勝手が炸裂してるんですよ。

ぼくこういうのめっちゃ好き〜〜〜。この東京を巻き込んだクソ自分勝手が単純に正義として描かれていないのが良い。

警察から逃げまくってるし、なんなら帆高銃撃ちすぎじゃない?正義でもなんでもねぇよコイツ。結構やべーやつだと思います。ぼくは。

だからこそ、ぼくの心にはぶっ刺さりました。この主人公たち、正義でもなんでもないんです。ただ自分たちの守りたいもののためだけに足掻きまくってるんです。最終的に東京が元に戻るわけでもないんです。ただ帆高が周りの人たちの力を借りて好きな女の子を救うだけなんです。

 

それがいいんだよなぁ〜〜〜!!!カァ〜ッ!!!

 

カッカッカ〜〜〜!!!

 

 

ここまで読んどいて映画観てないバカヤロー!今すぐ観に行きやがれー!こんなブログでは語りつくせないくらい良いところいっぱいあったぞー!

 

 

そんなわけで、当ブログでは『天気の子』を応援しています!

頑張ろう日本!

 

 

 

P.S.

カップヌードルとかソフトバンクとのコラボCMはクソ寒いからやめたほうが良いと思います。

 

 

 

<本日のオススメボカロ曲>

アノニマスファンフアレ

f:id:hayao1209hayao:20190729222425p:image

ボカロP:ツミキ

ボーカル:GUMI

イラスト:ゆりぼう

アノニマスファンフアレ - gumi [オリジナル] - ニコニコ動画

アノニマスファンフアレ / anonymous fanfare - gumi [オリジナル] - YouTube

ツミキ節バリバリでめちゃくちゃカッコイイです。あと中毒性がすごい。

歌詞も相変わらずかっけーんよ…

哀しくなって、言葉を売って、呼吸と二人法師になって。
最終回迄、僕は寸途、夢の中。
声を枯らして、愛を謳って、結末を待っている。
さらば!絶望的なハッピーエンド。
クラップハンズなど、必要無いわ!

かっけーくない?かっけーよね?

みんな聴いてください!

おわり!

 

INTERNET MEMORIES (深夜のはやおくん日記 #2)

f:id:hayao1209hayao:20190604035235p:image

突然だけどぼくはわりと思い出を大切にするタイプだと思う。

 

人から貰ったものをなかなか捨てられなかったりするのは当然で、もう使わなくなったLINEのグループでみんながポンポン抜けていくのを横目に今でも1人だけ残り続けていたりする。

 

あと、少しでも「ツイッターのアカウントを消す」という発想に至ったことがない。今までのツイートが全て消えてしまうというのは本当に嫌だ。なんでだろう。何故かそこはかとなく嫌だ。よくみんなそう簡単に消してしまえるなとさえ思う。何故だろう…

 

そこで考えてみたのだが、ぼくの場合「思い出が無くなってしまう=自分が生きた証が無くなってしまう」という意識があるのかもしれない。(まあ大げさなのは自覚してる)

『ぼくは確かにここにいたぞ!』という記録を残しておきたい。どんなにくだらないものでもいいから、何か残しておきたい。

他のみんなが証を消してしまうなら、ぼくだけでもみんなとここにいた証を残しておけばいい。そんな気持ちが無くはない。

 

 

このブログも当然そうで、今後消すということは多分無いんじゃないかなと思う。

ビビるくらいの大炎上とかしたら分からないけど。

 

 

 

 

 

という文章が6月4日の下書きに残っていたので今更ながら投稿しました。

 

書いたんだったらはよ投稿しろ。

 

 

 

おわり

【検証】毎日『うんち伯爵』とツイートしていれば本物のうんち伯爵になれるのか?

どうも、駿(はやお)です。お久しブリーフ。

めずらしく「よし!ブログ書こう!」って気持ちになったんですがどうあがいてもネタが思い浮かばない大スランプ状態になってしまいました。やる気だけはあるのに何も書くことがない。

なので今回は思い切ってみんな大好きあのお方に関する記事を書いてみたいと思います!イェイイェイ!

 

その内容はコチラ!

 

f:id:hayao1209hayao:20190530121708j:image

 

そう!今回はうんち伯爵についての記事ですよ〜!みんなお待たせ!

 

 

うんち伯爵、一度は憧れる存在ですよね〜。なってみたくない?なりたいでしょ?なろうぜ!

 

ということで今回はツイッターを使ってうんち伯爵になれるかどうかを検証していきます。

ツイッターでどうやってうんち伯爵になるのか、それは言霊を利用するのです。

 

言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。

wiki参照

 

要するに、ツイッターで毎日『うんち伯爵』とツイートしていれば言霊の力でいつかはうんち伯爵になれるのではないか、という話です!

長い前置きはいらねぇ!!!つべこべ言わずにさっさとやろうぜ!!!

 

 

検証1日目


うんち伯爵検証がスタートしました。うおお〜緊張するな〜。

1日目は特に変化無し。まあそりゃそうだ。そんなすぐうんち伯爵になれるんだったら全人類うんち伯爵だっつーの!

 

 

検証2日目

流石に2日では効果無し。
まあこれからこれから!

 

 

検証3日目

まだ何にもないか〜。

まあそりゃそうだ。

 

 

検証4日目

何もないっす。

 

 

検証5日目

何も無し。

 

 

検証6日目

……………

 

 

検証7日目

 

1週間が経ってしまった

 

この時すでにぼくはこんなことを思い始めていた。

こんなこと続けていたところでうんち伯爵にはなれないんじゃないか…?

 

でもやるしかない。今更後戻りは出来ない。

ぼくは検証を続けた。

 

f:id:hayao1209hayao:20190704213216j:image

来る日も来る日も


f:id:hayao1209hayao:20190704213235j:image

うんち伯爵をツイートし続ける日々


f:id:hayao1209hayao:20190704213213j:image

ぼくは本当に


f:id:hayao1209hayao:20190704213232j:image

うんち伯爵に…


f:id:hayao1209hayao:20190704213206j:image

なれ…


f:id:hayao1209hayao:20190704213241j:image

なれ…


f:id:hayao1209hayao:20190704213148j:image

………


f:id:hayao1209hayao:20190704213158j:image

---  頬を伝う一筋の涙  ---


f:id:hayao1209hayao:20190704213151j:image

うんち伯爵に…


f:id:hayao1209hayao:20190704213155j:image

なれ…


f:id:hayao1209hayao:20190704213202j:image

な…レ…ナ…レ…


f:id:hayao1209hayao:20190704213228j:image


f:id:hayao1209hayao:20190704213237j:image

 

 

 

 

 

カ…

 

 

 

 


f:id:hayao1209hayao:20190704213221j:image

………

 

なれてないじゃん…

 

もう1ヶ月も経ってんのに…

 

なれてない…

 

ふふっ…

 

ははは

 

あははははは

 

 

 

 

アハハハハハハハハハハハハハハハハ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハはハハハハはははハハはハハははハハハハハハはははハハハ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜒輔?縺?s縺。莨ッ辷オ縺ォ縺ェ繧翫◆縺九▲縺溘□縺代↑縺ョ縺ォ菴墓腐縺薙s縺ェ逶ョ縺ォ蜷医o縺ェ縺上※縺ッ縺?¢縺ェ縺??縺九?ゆク也阜縺ッ縺薙s縺ェ縺ォ谿矩?縺ェ繧薙□縺ュ縲

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:hayao1209hayao:20190704213210j:image
f:id:hayao1209hayao:20190704213219j:image
f:id:hayao1209hayao:20190704213226j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???????????日目

 

f:id:hayao1209hayao:20190704214813j:image

 

 

 

ア…

 

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190704222028j:image

 

 

 

うんち…伯爵…?

 

 

 

 

ぼく…が…うん…ち…伯爵…?

 

 

 

 

アァ…あっ…嗚呼ぁ…

 

 

 

 

 

 

そっか…ぼくは…ついに…

 

 

 

 

 

 

 

 

うんち伯爵に…

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190704215351j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190704220219p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hayao1209hayao:20190704222829j:image

 

すぐ戻しました。

 

 

 

 

 

 

おわり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<本日のオススメボカロ曲>

キャンディポップじゃ笑わない

f:id:hayao1209hayao:20190704221317p:image

ボカロP:YM

ボーカル:GUMI

キャンディポップじゃ笑わない / GUMI - YM - ニコニコ動画

キャンディポップじゃ笑わない / GUMI - YM - YouTube

最っっっ高。

最初から最後までぼくの大好きな感じでした。中毒性もかなりあってリピートしまくってます。

動画もめちゃくちゃ良い。ていうかYMさんのGUMI可愛すぎる。

マジで全てが最強。是非聞いてください。

 

涙涙涙

f:id:hayao1209hayao:20190531180830j:image

今年のクレしん映画でぼくは爆裂に泣いたんですけど、あの内容で全然知らん家族だったら多分泣いてないと思うんですよね。小さい頃からよく知ってる野原一家だから感動したっていう。

 


その理論でいくとワクワクさんとゴロリがひょんなことからデスゲームに参加することになって、最後ワクワクさんと2人残ってしまったゴロリが「…こんなの楽しくないよ〜だ」って言って微笑みながら自分の頭を銃弾でぶち抜いたりしたらビックリするくらい泣くんじゃないかな。

そのあとワクワクさんが泣きながら「ゴロリいいいいいいいいいいいッ!!!!!うわああああああああああああっ!!!!!」とか叫んだりしたら涙で前が見えなくなっちゃうんじゃないかな。

 


ワクワクさんとゴロリじゃなくても、ワンワンとうーたんとか、学園長とヘムヘムとか、おじゃる丸と電ボとか(そこはカズマの方が良い気がする)

多分ここらへんでも泣くのではないだろうか。

 


ピンと来てない人もいるかもしれないけど、サトシとピカチュウの別れをガチで描かれたらみんな泣くでしょ?それと一緒じゃん。

さようならドラえもんの回でのび太ドラえもんの友情だったりのび太ジャイアンに立ち向かう姿なんかに感動してホロリと泣いたりするんでしょ?それと一緒じゃん。

サトシとピカチュウじゃなくて知らんおっさんと知らんドブネズミの別れとか急に見せられても泣かないでしょ。困惑するだけでしょ。

ドラえもんのび太じゃなくて知らん狸と飼い主の友情とか見せられても泣かないでしょ。いやごめんそれはちょっと泣くかも。

まあそういうことですよ。

 


要するに何が言いたいのかっていうと、1クールしか放送期間が無いのに最終回とかで思わず涙を流してしまうようなアニメは最高ってわけ。

ゾンビランドサガ、観てください。

 

 

おわり。

第7回 雑な談

どうも、駿(はやお)です。お久しブリーフ。

確認してみたら第6回の雑な談が約1年前みたいです。古〜っ。

そんでもって更新頻度が変わったりしつつもなんだかんだこのブログがそんなに続いているという事実に驚き。

ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。(テンプレ)

 

 

 

質問箱の話

そんなぼくですが最近は質問箱に来た質問に答えるということにハマっています。

「いやいや!アンタ質問箱なんて全くやってないやないかい!」

と思ったツイッターでもぼくと繋がっているそこの貴方、わかります。その気持ち。でもやってるんです。

 

そう!ゾンビランドサガ専用垢の方でめちゃくちゃ答えまくってます!

クッソつまんねぇ返事ばっかしてんじゃね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!って思ったでしょ今。思ったよね?思ったんだろう?

うっせぇ!!!!!!

質問箱なんてこんなもんだろうが!!!普通でいいだろうが別に!!!大喜利箱じゃねぇんだよ!!!勘違いしないでよねっ!!!!!アンタのことなんか別に好きじゃないんだからねっ!!!!!!!

 

というわけなので引き続きたくさんの質問、お待ちしております。

※一応本垢にも質問箱はあるんですが現在機能してないのでそっちに質問されても多分気付きません。うんち。

 

 

名探偵ピカチュウの話

先日観てきました。名探偵ピカチュウ

いや〜興奮しました。やっぱ昔から知ってる作品のキャラクターたちがハリウッドのヌルヌルCGで実写映画化されてたらそりゃ観てて「ウオォッ!」ってなるよね。

あとフシギダネがめちゃくちゃ可愛かったです。何アレ。可愛すぎて頭おかしなるで。フシギダネ好きの方は必見!絶対観に行ってください!!!!!!!

f:id:hayao1209hayao:20190530222312j:image

↑こちらはぼくが描いたファンアートです。タイトルは『別のゲームに迷い込んでしまったシゲル』

(名探偵ピカチュウにシゲルは登場しません。)

 

 

 

令和の話

そういえば令和になってから一発目の更新だったわけですけども、まあ別に何かこれといって変化があるわけでもなく、今まで通りって感じで…いいんじゃないですかね。

令和になったばかりの世間では相も変わらず色んな事件やなんかが起きてますがぼくは一切触れずに通常運転で行きます(怖いから)

 

 

おわり

そんなこんなで今回は終わりです。まあまた更新するんで、その時はみんな集〜合〜!して是非読んでくれよな!

ではまた〜。

 

 

 

 

<本日のオススメボカロ曲>

シャボン

f:id:hayao1209hayao:20190530224228p:image

ボカロP:蜂屋ななし

ボーカル:初音ミク

イラスト、動画:古論

ピアノ:ドッシー

ギター:長崎

ボカロアレンジ:アミメキリン

Original, 初音ミク/ シャボン - ニコニコ動画

Original, 初音ミク/ シャボン - YouTube

蜂屋ななしさんの良いところ全部出てない?もう最高。マジで好き。

このオシャレさと頭に残る感じタマランよね。サビとかほんと脳内にこびりついて離れない。すごい。

マジ聴いてください。頼むぜ。